業務請負(アウトソーシング)とは

「業務請負」という働き方の仕組みを理解しましょう。

人材派遣とは違う業務請負(アウトソーシング)という働き方があります。契約形態や指揮・命令系統が人材派遣とはことなります。

契約形態が違う

業務請負(アウトソーシング)と人材派遣とは、契約形態が異なります。

業務請負は、クライアント企業様(発注者)と京西スタッフサービス(請負元)が「請負契約」を結び、当社が直接雇用したスタッフ(労務提供者)が、当社の管理監督と責任の下に、ご注文いただいた業務を遂行・完成させます。これに対して人材派遣は、クライアント企業様(派遣先)と当社(派遣元)が「派遣契約」を結び、当社に登録している派遣スタッフが、クライアント様の指示・命令の下で業務を遂行・完成させます。

請負スタッフ、派遣会社(請負元)、発注者の関係 派遣スタッフ、派遣会社、派遣先の関係

スタッフに対する指揮・命令関係が違う

業務請負では派遣会社(請負元)が指示・命令を出します。

業務請負と人材派遣とは、労務提供者(スタッフ)に対する指揮・命令関係が異なります。業務請負では、スタッフへの指示・命令は、京西スタッフサービスが行います。それに対して人材派遣では、派遣先のクライアント様が、派遣スタッフに指示・命令する関係となります。

メリット

長期的に働け、業務への経験・スキルを磨け、チームとしての連帯感も生まれます。

請負元の会社と請負会社は長期的に契約を結ぶケースがままあり、請負スタッフも長期的に働ける場合が多いです。また、一つの仕事、ラインに集中するため、その業務への経験・スキルを磨くことができるます。チームで仕事をすることが多く、協力して仕事をする中で、連帯感が生まれやすい環境。雇用形態は様々ありますが一般には派遣会社の正社員、もしくは契約社員の場合が多いようです。個人として請負元会社と請負契約を結ぶ場合もあります。

デメリット

職種が限定されがち、雇用条件をよくチェックする必要があります。

職種が限定されることも多いため、希望する業種に求人があるとは限らない。

様々な業務請負事業所で請負スタッフが活躍中

工場内での製品製造・組立・検査、梱包や物流倉庫内での受入検査、入出庫・ピッキング・出荷業務など軽作業から専門的なスキルを有する業務まで働く環境は幅広くあります。

業務請負の運用事例 業務請負の運用事例 業務請負の運用事例
簡単登録 仕事検索 page top